登山と健康、体力

下山時の膝の痛み対策 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:みわ (女性/40代)
特に下山時に膝が痛みます。ストックを使ったり日頃からトレーニングして身体作りをしているのですが、膝を痛めないようにどのように対策して行けば良いか知りたいです。まわりにも下山時の膝の痛みを気にしている人が多い印象です。

続きを読む

登山によるダイエット効果など – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:Dai (男性/40代)
登山は重い荷物を背負って長時間体を動かし続けるので、相当ハードな運動かと思います。
そのため、ダイエットや健康増進のために効果的な運動といえるでしょうか?逆に体にとって過剰な頻度などはあったりするでしょうか。
健康増進も兼ねて山登りをしていますが、ふと気になりました。

続きを読む

登山のためのトレーニングについて – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:M.A (男性/40代)
はじめまして。 今年50歳になります。 今年から本格登山開始のため、正月からバーベルスクワット70kg、デッドリフト70kg、月100㎞走りなどトレーニングを重ねてきました。(今までは年1回 日帰り登山程度 日光白根山、谷川岳ロープウェー利用等)
今年は雪解けから15山程度、登山(奥多摩、丹沢、八ヶ岳、富士山等)

先日上高地から涸沢テント泊、涸沢ー奥穂高はアタックザックで往復しました。上高地から一泊2日
上高地→涸沢4時間30分(CT6時間)  涸沢→上高地4時間20分(CT5時間)
涸沢→奥穂 2時間20分(CT3時間40分)、奥穂→涸沢2時間(CT 2時間40分)
いずれもCT比率でみると下りに時間がかかってしまいます。 下りの方が危険なので慎重に下りているというのもありますが。。
稜線にアタックする際に最低でもCT以下という基準が書かれていますが、下りの方がCT比率に対して比率が悪いことが気になっています。
また涸沢までテントを持ち上げその後同日に北穂高アタックしようと思ったのですが、足が思うように動かずに途中で引き返しました。

質問1
 インストラクターの方も下りの方がCT比率に対して時間はかかるのでしょうか?  
 下りのCT比率をあげようとすればどんなトレーニングが有効ですか? 経験しかないのでしょうか?
 涸沢までということで荷物を恐らく17㎏位もっていったのですが背中と腰が後半痛くなりました。
 もちろん荷物の軽量化というのもあるのですが、今後テント泊かついで槍ヶ岳や吊尾根縦走したいと思っています。
 登山のトレーニングは登山といいますが、どのようなトレーニングがおすすめでしょうか?

続きを読む

高山病の対策 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:HOPE Tap (女性/40代)
百名山めぐりをしており、年間20座強歩いています。2000メートル以上から、シャリバテのように歩く速度が遅くなることがあります。高山病は2000メートルぐらいから出ることもあるそうですが、ゆっくり歩く、睡眠と水分を十分に取ること以外に対策はないのでしょうか。

続きを読む

登りですぐ息があがってしまいます – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:K.T (女性/40代)
昨年の四月から月1~2回低山を主に歩いています。その中で上りに差し掛かったな・・・という所で息が段々上がり10~15分歩いては休みまた、歩いては休みとなります無理せず歩いていこう・・・と足を進めるものの、何か自分の歩き方が間違っているのではないか?いい歩き方があるのか?と毎回考えさせられます。貧血傾向がある体質+50歳手前という年齢の為 息が上がりやすいとは思うのですが息長く登れる方法や、歩き方やトレーニングなどで改善できることがあれば知りたいです

続きを読む

冬山で心臓が痛い – 山の相談小屋

アクティビティ:雪山登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:san ten (男性/40代)
雪山に限らず寒い時の登山で毎回心臓が痛くなります。おそらく、冷たくなった血液が心臓に負担をかけているのかと思います。
寒い時の登山を続けても問題ないかのアドバイスをお願いします。
以前、お医者さんに聞いたら心配ならやめればって言われて参考になりませんでした。

続きを読む