膝の痛みの対策 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:J.M (男性/60代)
先日、膝が痛くて下山できなくなっている方を二人で肩を組んで何とか下山した経験があります。脚、膝の痛みにもいろんな違いがあると思いますが、周囲で何か対処できることがないものかと思いました。アドバイスいただけると助かります。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

一度痛みが出始めてしまった痛みを抑えることはなかなか難しく、日々の訓練で解決する他に根本的な解決手段が無いことが多いです。
日常的に大腿四頭筋を鍛え、膝周りが安定する体作りをしましょう。
また歩行技術の習得やトレッキングポールの使用もとても有効です。

現場対応としては、ヒヤロン(携行冷却材)によるアイシングで一時的に痛みが出ない状態にする方法があります。
20分ほど冷やしては行動し、また痛みが出ては冷やしてを繰り返します。
一人1パック持ち歩ければ理想です。
簡易的な松葉杖の作成技術を学び、痛みが酷い時には可能な限り足をつかないで歩くという方法もあります。
また複数名いるのであればセルフレスキュー技術による搬送方法を学ぶのも良いでしょう。

Kuri Adventures では万が一に備えたセルフレスキュー技術もお伝えしております。
是非学習機会を設けて頂ければ幸いです。

https://www.kuri-adventures.com/平日夜講習/マウンテニアリングワークショップ/セルフレスキュー/

解決相談者:J.Mさん
ご回答いただきありがとうございました。
セルフレスキュー技術は学んでみたいと思います。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。