全天候型行動から雨天中止へ(1) – 岩崎元郎の山談義

「山談義」4回目は、『全天候型行動から雨天中止へ』と題して、二つの拙文を紹介する。いずれも山に対する取り組み方を論じている。

一つ目は「悪天候と山」。本格的な登山修行をはじめたときから、天気が悪いという理由で登山中止することはなかった。そのいきさつが「悪天候と山」。

しかし、自分もご一緒する皆さんも高齢化するに従い、雨天中止を選択肢に含まざるを得なくなった。そのあたりの事情が二つ目の「雨天中止」である。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

悪天候と山

高校時代は自己流で山に登っていたが、大学進学と同時に本格的な登山の修行をすべく、社会人団体である昭和山岳会に入会した。

様々な登山を勉強させて貰ったが、全天候型登山を教えてくれたのも昭和山岳会であった。

豪雨だろうと吹雪だろうと、ベンチレーターからちらっと外を盗み見ただけで安易に停滞を決めるなんてとんでもない、というのである。

一度テントの外に出て、行動できる天気か否か体でチェックしろというのである。

自分がどこまでの天気なら行動できるのか、自分の限界を自分で確認しろというのである。素晴らしい教えであった。

今日、ぼくが安心・安全に楽しく登山を続けていられるのは、昭和山岳会のおかげと感謝している。

自分の限界はまだ確認できないでいるが、自分の限界を常に考える姿勢を学ぶことはできた。

悪天候は、山を学ぶよき教材であると知ったぼくは、ぼくが学んで来たように後輩たちにも学んで貰いたいと思い、登山学校“無名山塾”を創立した。

登山教室は雨天決行を旨として実施してきた。もちろん個人山行も。

昭和山岳会の修業時代、谷川岳幽ノ沢中央ルンゼを計画したとき。台風が発生し、週末は関東から越後に抜けるという。土曜日の夜の上野のプラットホームは大雨だった。他に登山者はいない。

Sさん、Yさん、ぼくの三人はガラガラの夜行列車に乗り込んだ。到着した土合駅は台風一過、幽ノ沢は貸し切り、青い空の下、中央ルンゼのクライミングを心ゆくまで楽しむことができた。

池袋のサンシャインシティ文化センターで、中高年と女性のための登山入門講座を開講したのは一九八三年のこと。

ぼくは三八歳で、受講生は子育てから解放された五〇代前半の女性が大半だった。五〇歳という方も一回り年上で、ぼくから見れば立派なおばさまであった。

六九歳(本文執筆時)になった今から振り返ってみると、皆さん若くて元気いっぱいだった。だからこそ、その教室でも雨天決行を宣言できたのだと思う。

実技教室で相模湖の南に位置する石老山の実施当日、朝から雨が降っていた。雨天決行を宣言しているとはいうものの、皆さんの足前と安心安全を考えると、状況によっては中止した方がベターな場合もある。

そんなことを考えながら集合場所の相模湖駅にむかった。相模湖駅のホームに降り立つと、「先生!」と大きな声がかかった。

皆さん、雨具をしっかり着込んで、雨天決行に備えていらっしゃる。この元気と笑い声があれば、雨天決行問題なし。雨の中、楽しい石老山ハイキングになった。

また別のとき、台風近づく中、夜の上野のプラットホームは大雨だったが、平標山から谷川岳の縦走をめざして新潟行きの夜行列車に乗った。

土樽駅は土砂降りの雨だった。登山中止を決めて、ちょうどホームに入ってきた上りの列車に乗り込んだが、台風のためそのまま土樽駅でストップしてしまった。そんなこともあった。だから登山は面白い。

バリバリの時代は、全天候型登山にチャレンジ頂きたい。 

後編:「雨天中止」編はこちら

岩崎元郎(日本登山インストラクターズ協会会長/無名山塾主宰)

1945年東京生まれ。1963年昭和山岳会に入会し本格的な登山を始め、1970年に蒼山会を創立、1981年ネパール・ニルギリ南峰登山隊隊長、同年「無名山塾」を設立し登山者の育成を始める。1995年~1999年にかけてNHKテレビ「中高年の為の登山学」の講師を務め、日本百名山ブームの火付け役となる。多くの登山者と登山指導者を育てた登山指導の第一人者で、現在は「登山者と登山指導者の育成」と「安心安全登山の啓蒙活動」を進めている。著書多数。

岩崎元郎の山談義シリーズ

NHKテレビ「中高年の為の登山学」の講師を務め、日本百名山ブームの火付け役となり、多くの登山者や登山指導者を育成してきた日本の登山界のレジェンド・岩崎元郎による、山談義。タメになる山のお話やエッセイを不定期に連載するコーナーです。

岩崎元郎の山の勉強会

※現在調整中

登山の総合スキルを体系的に学びたい方必見!

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する5期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。

キーワードで記事を検索