台風後の登山 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山計画
相談者:ちゃる (女性/40代)
8月23日の夜、関西を出発し、24日~槍ヶ岳登山を計画していますが、出発日と翌日に台風が関西を抜けて日本海側に行く模様です。
天気情報を見てみると、かなり風がきつい模様です。
初日は上高地から槍沢ロッジ、
2日目は槍沢ロッジから水俣乗越を経てヒュッテ大槍、
3日目はヒュッテ大槍から槍ヶ岳を往復して上高地に戻ってくるというコースです。

リーダーは余裕を持ったコースを組んでいるし、台風は2日目以降は去っているから大丈夫、と言うのですが、私以外は60代のメンバー7人で登山ペースがゆっくりな人が半分です。
台風に加え、最終日が槍ヶ岳山荘ではなく、ヒュッテ大槍から出発の槍ヶ岳往復で上高地まで下りてくるのが体力的に大丈夫かどうか不安です。
台風の進路などは変わりますし、今のところでは何とも言えないかもしれませんが、こういった場合は、何を参考にしてどう考えればいいのでしょうか。ご助言いただけましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
大津 洋介
不安であればやめた方が無難だと思います。特に高齢者が多いようですので。東鎌尾根を登るようですが風は強くなると思います。ご存じでしょうが東鎌尾根は岩稜ですのでバランスを崩して滑落の可能性もあります。
パーティー状況がよくわかりませんがヒュッテ大槍から山頂往復下山は厳しいと思います。
解決相談者:ちゃるさん
早速にありがとうございます。
パーティーは山の会の有志メンバーで、登山経験の豊富な人がリーダーです。
ただ、体力的にはばらつきがあります。
やはりヒュッテ大槍からの山頂往復下山は厳しいですよね。
私も槍ヶ岳は初めてなので状況がいまいちわかっておりませんでした。
もう一度リーダーに進言してみます。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。