登山の危険 – 岩崎元郎の山談義

*12年12月15日発行「山の遠足連絡帳」巻頭言より

登山=自然は非日常の世界だから、危機管理意識が大切

12月9日、埼玉県山岳連盟主催の山岳事故防止のための講習会で、埼玉県警山岳救助隊隊長の飯田さんの山岳遭難に関わる講演をお聞きした。

2012年(11月17日まで)の県内の遭難発生は44件57名、内訳は死者4名、重傷13名、軽傷9名、無事29名、行方不明2名である。救助要請は44件中37件が、携帯電話によるものだそうだ。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

遭難原因は、道迷い、滑落、転倒、転落、発病とある。死者4名は、1名が発病、3名は転落とか。

発病のために死亡された方は単独、転落死された3名のうち2名はそれぞれ単独、転落して行方不明となり後日遺体で発見されている。

現在、行方不明の2名もそれぞれ単独で、単独行はリスクの大きいことが証明されている。

で、あるにも関わらず、山岳雑誌が「単独行の勧め」を特集するのはどうしてなんでしょう、と飯田さんが疑問を呈していらっしゃるのが可笑しかった。

転落死された残る1名の転落原因が、非常にお気の毒なものであった。家族6名でハイキングに出かけ、山頂で休憩の際、用足しのために人目につかない所に踏み込んだ結果の転落であったそうだ。

思いもよらない出来事だが、紛れもない「山の危険」の一事である。昨今、登山する人が非常に増えていて、山のトイレは看過できない問題になっている。

トレイルランナーの道迷いが2件報告されている。

2件とも単独で、短パンにランニングシャツという軽装。雨具、防寒着、ヘッドランプ無し。

一人は山梨県側から雁坂峠を越えて埼玉県側に下る際、目の下に国道が見えたので、コースを外し国道めがけて下って行ったら崖となり、身動きできなくなって携帯電話で救助要請。

しかし、現在地が判断できなくて自分の居場所が説明できない。

遭難者の話を総合してなんとか場所を特定して救助できたが、山を知らないシティーランナーは山に入るべきではない、と飯田さんは評していた。

山に入る人が増加しているが、人間関係を嫌って山岳会に入ることをせず、登山の知識は雑誌やネットからの情報鵜呑みなので、本当の意味での「登山の危険」が体にしみこんでいない、それが大きな問題だとぼくは思っている。

現代社会が情報化社会ということだろう。

情報社会は、情報を操る。登山という呼び方はハードっぽいので、ハイキングと呼び替える。山スキーと呼ぶとヘビーだから、バックカントリーと呼び替える。

登山=自然は非日常の世界だから、非日常の世界が内包する危険に対して身構えていなければいけない、即ち危機管理意識を持っていなければいけないのに、登山をハイキング、山スキーをバックカントリーと呼び替える結果、非日常の世界があたかも日常の世界であるかのような錯覚が生じる。

これでは危機管理意識を持つ、自立した登山者が育ちようもない。登山の危険は、ここに極まる。

*8年前に書いたものだが、現在も状況は変わっていないように思われる。20.9.30

―――

正しい危機管理意識を持ち、自立した登山者になるために登山の総合力を学ぶJMIA登山講習会では、来年度よりスタートする第五期生の募集をしています。

興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。担当マネージャーより丁寧に回答いたします。

岩崎元郎の山談義シリーズ

NHKテレビ「中高年の為の登山学」の講師を務め、日本百名山ブームの火付け役となり、多くの登山者や登山指導者を育成してきた日本の登山界のレジェンド・岩崎元郎による、山談義。タメになる山のお話やエッセイを不定期に連載するコーナーです。

登山の総合スキルを体系的に学びたい方必見!

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する5期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。

キーワードで記事を検索