ホワイトアウト=メラピークでの体験 – 岩崎元郎の山談義

ホワイトアウトとは、濃い霧や暴風雪で周囲が白一色に埋まり、視界が閉ざされて方向や斜度、地面・雪面の凸凹が識別出来なくなる現象。

だいぶ以前のことになるが、三月初めの北海道、暴風雪で車が雪に埋まり排気ガスが車内に充満して4人が亡くなり、ホワイトアウトによる道迷いで5人もの方が凍死されたというニュースにはびっくりした。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

ホワイトアウトによる道迷いなんて、山の中でだけのトラブルだと思っていたが、考えてみれば町中であっても不思議はない。

加齢と共に身体機能は低下するのは仕方ないこと。とはいうものの、畳のへりでもけつまずいて転びそうになるのは情けない。

体力・機能の低下の中で、バランス感覚の低下は特に著しいと聞く。

楽しく、安心・安全に登山を継続するには、バランス感覚の低下に歯止めをかける必要がある。そう考えて、六十半ば過ぎてからロッククライミングとゲレンデスキーを再開した。

今シーズンも2月中旬、信州長和町の鷹山スキー場と北海道のニセコで滑ってきた。

鷹山スキー場では天気に恵まれて、シニアスキーを大いに楽しんだのだが、ニセコは天気が良くなかった。特にゲレンデの上半は、時としてホワイトアウト状態になった。

天気が良くったって上手く操れないスキー、ゲレンデがホワイトアウト状態になると、どっちが上だか下だか分からなくなる。

雪面の凸凹も分からなければ、傾斜も分からない。

スーッと滑ってきてその先が急になっていると、滑りに勢いがついて転ぶ。雪面の凸凹が確認できないから、滑りをコントロールできない。

他のスキーヤーとぶつかる心配もあるし、ホワイトアウトのゲレンデを滑るのは非常に危険だと思った。

スキー場での、風のない濃霧によるホワイトアウトだってそれくらいだから、登山中に天気が急変して暴風雪でホワイトアウトになったら遭難間違いなし。

ポストモンスーンに、ネパールヒマラヤのメラピーク登山を試みたときのこと。

モンスーン明けの青空に迎えられて、ルクラへの飛行機もすんなり飛ぶ。毎日いい天気で日程をスムーズに消化してBCのカーレに到着。

翌日は高度馴化を目的にメラ・ラの少し上まで往復し、その翌日はアタックキャンプに上がった。

メンバー5人全員体調も良く、明日の登頂をだれも疑わなかった。

ああ、それなのに、アタックキャンプに入った頃から雪が降り始め、ぼくらの願いも虚しく一晩中降り続き、アタックは断念して下山せざるを得ない状況になった。

風はなかったが、ホワイトアウトである。こんな中を下るの、一瞬不安が胸をよぎったが、百戦錬磨のシェルパにリードされて無事BCに下山した。

あそこで暴風雪だったら低体温症にやられていたなと、思い出すたびに冷や汗をかく体験であった。「君子危うきに近寄らず」とはいうものの、登山をやめることはできないし・・・。

岩崎元郎の山談義シリーズ

NHKテレビ「中高年の為の登山学」の講師を務め、日本百名山ブームの火付け役となり、多くの登山者や登山指導者を育成してきた日本の登山界のレジェンド・岩崎元郎による、山談義。タメになる山のお話やエッセイを不定期に連載するコーナーです。

登山の総合スキルを体系的に学びたい方必見!

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する5期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。

キーワードで記事を検索