ツインロープとダブルロープ – 山の相談小屋

アクティビティ:クライミング, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:M.U (男性/50代)
ツインロープとダブルロープの違いが良く解りません。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
松本 善行
こんにちは。松本です。

ロープ2本を使用する点で共通していても、その仕様は大きく異なります。大きな違いはルートコンディションによって使い分ける点です。各仕様は、国際山岳連盟(UIAA)におけるスタンダードフォールテストによってその基準が明確に異なっています。数値に関してはご質問から少し離れますのでここでは割愛します。
また、「ダブルロープ」は正確にはシステムの名称であって、ロープそのものの名称は「ハーフロープ」です。

ダブルロープシステムにおけるハーフロープの使い方:リードが中間支点を取る際、ルートの屈曲に対して、ロープドラッグ(摩擦でロープが動かなくなること)を少なくするために、2本あるロープのうち1本をクイックドローのカラビナにかけてゆくもの(交互とは限りません)。

ツインロープの使い方:リードが中間支点を取る際、シングルロープと同様の扱いで、クイックドローのカラビナに2本ともかけてゆくもの。

上記を踏まえると、ハーフロープはジグザグと屈曲するルートに向いている。日本のアルパインルートには特に向いています。理由は確保理論に触れざるをえないのですが、墜落の際、ロープドラッグによる衝撃がクライマーや最終ランナーに与える影響を考慮する必要があるからです。
一方、ツインロープは、ロープドラッグの少ないヨセミテなどの海外の岩場や、アイスフォールなどの直線的なラインを持ったルートに適しているといえます。

ご質問の内容とは少し離れますが、シングルロープに対しての比較は、ハーフ・ツインともにロープの伸び率を高くするためにロープ径を細くし、そのための強度低下を補うために2本仕様という点に注目していただきたいと思います(伸び率が高くなると、クライマー・ビレイヤー・プロテクション(支点)にかかる衝撃値が軽減されます)。更には、1本よりは2本あれば、万が一の時のバックアップという位置付と、特にアイスクライミングではフォロワーがアックスを打ち込む際のロープ切断事故のバックアップにもなります。

解決相談者:M.Uさん
ご多忙な最中、何気ない私の些細な質問にもご丁寧に対応頂きましてありがとうございました。

私は最後にロープを回収しなければならない懸垂下降の時のように、一本のロープを半分に折り返して二重にして使用するのがダブルロープ、違う二本のロープを同時に使用するのがツインロープと思っていたのですが、色々な資料を探しても問題を解決してくれるような記述が見当たらないまま時間ばかりが過ぎてしまいました。写真を見ても、動画を見てもツインロープで(二本同時に)クイックドローを通している画像がなく疑問は深まるばかりでしたが、ご返事いただきましたご回答で漸く疑問が吹っ切れたような気がしております。

インターネットでダウンロードした登山教室の教本、登山歴40年の私にも初めて気付かさせられるような有益なことが多く、復習資料として使用させていただいております。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。