ガレ場で落石を出さないような上手な歩き方を教えて下さい – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:山での行動方法・知識
相談者:あさみん (女性/20代)
ガレ場やザレ場で落石を起こしてしまって後続の人を怪我させてしまったら責任を問われたりするのでしょうか。また、落石を出さないような歩き方があれば教えてください。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

落石の法的責任についてですが、これは落とした側に責任が問われないケースが多いようです。
そもそも山に入る以上、落石のリスクは予見できるわけで、そのリスクを覚悟の上で入山していると判断されるためです。
よほど悪質なもので無い限り、落石を落とした側に賠償責任が生じないとの見解が為されます。
しかしだからと言って不用意に歩いて良いわけもなく、最新の注意を払って歩行するのは登山者として、人としての最低限のマナーであると言えます。

落石を落とさないようにするには、まず十分な注意を払う事が重要です。
一歩一歩を慎重に、足元の岩が崩れないか確認をしながら歩きましょう。
歩行には技術を要します。特に学んだ経験が無いようであれば、一度歩行技術に関する学習を行う機会を設けてみても良いかも知れません。

歩行技術と三点支持講習 (Kuri Adventures)

しっかりと安定した歩行を行うことは、落石防止に繋がります。
また自分自身の転落事故などを防ぐことにも繋がりますし、登山中の疲労も大きく軽減されます。
基本の技術になりますので、是非しっかりとマスターしておきましょう!

解決相談者:あさみんさん
ありがとうございました。
疲れていると注意力が散漫になってしまうので、言われてみれば当たり前ですが、改めて注意したいと思います。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。