友人との登山ルートに関する意見の相違 – 山の相談小屋

相談者:M.Y (男性/40代)
自分は登山を始めて1ヶ月程の者です。同時期に始めた友人から10月に1泊で燧ヶ岳へ登山に行かないかと誘われています。

友人は最初、戸倉に宿を取って大清水から入山して燧ヶ岳日帰りを計画してましたが、自分は距離が長くて時間も掛かるから厳しいと言った所、早朝スタートすれば行けないことも無い。行きたくない理由を並べてるだけ。行きたくなければ夜行バスで行って1人で登ると言いました。

その後に御池登山口から行けば時間も掛からないから日帰り登山出来るかも?と言ったら友人も同調しました。

しかし、御池登山口からのルートは急峻で途中に枯れ沢を登ったりガレ場をトラバースする場所、そして迷いやすいとの事で初心者向けでは無いから御池バス停6時30分発のバスで沼山峠に入り、距離は長いけど長英新道往復で行かないか?と提案した所、御池登山口から入山するのが基本だし、初心者でも行けない事は無いといい、更に自分が難しかったら断念も考えないと!と言ったら友人は諦めたら初心者のまま、難しくても行けない事は無いと言いました。

この発言を聞いて友人は山を軽く考えてると思いました。

因みに自分は鬼怒沼と尾瀬ヶ原トレッキング、そして9月に畳平から乗鞍岳(剣ヶ峰)登山と上高地トレッキングを計画、友人は単独で雨中の鬼怒沼2回に尾瀬ヶ原トレッキングと塔ノ岳、そして9月に鬼怒沼へ行くとの事です。

この程度の登山歴ですが友人提案の御池登山口から入山して長英新道経由で下山するルート、自分提案の距離は長いけど緩やかな長英新道往復ルートどちらで行くべきだと思いますでしょうか?

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表主任講師の栗山です。

どの様なルートをとるかは個人の問題なのでとやかく言う問題では無いかなと思いますが、山登りはとにかく一歩ずつステップアップすべきだと考えます。

怖いと感じているのであれば、それは経験不足、実力不足の現れであり、無理してそのルートを選択すべきでないと考えます。

登山は10年経って半人前、20年経って一人前の世界。今無理して登る一本で、初心者を脱却できるものではありません。

もちろんずっと入門的な山ばかりをやっていても成長はないのですが、今よりも一歩、一段だけ高く階段をのぼる感覚でいるべきかなと思います。

この感覚は人によっても異なるので、もし感覚が合わないのであれば違う方と山に入るべきかなと思います。

各地域にハイキングクラブなどが存在します。まずはその様なところに問い合わせ、ベテランに習いながら少しずつレベルアップを目指してみては如何でしょうか?

Kuri Adventures では、登山初心者の方から学べる無料のオンライン座学講習なども行っています。

脱初心者を目指すというのは無理な登山をすることではなく、技術・知識・経験を積み重ねることであると考えます。

まずは基礎知識から学ぶことでも、不安は解消されるかも知れません。
是非ご参加下さい(*^^*)

https://www.kuri-adventures.com/オンライン座学講習/登山技術のオンライン座学講習/

解決相談者:M.Yさん
ありがとうございます。

10月第1週の台風が接近すると言う日に尾瀬へ行きました。燧ヶ岳は危ないので中止し、燧裏林道から見晴を経由して御池に戻りました。

翌日は荒天後で道が荒れてると思い別行動で友人は燧ヶ岳へ登り、自分は尾瀬沼一周に変更しました。

友人に合わせること無く、自分は無理せずスキルに見合った山に挑戦してスキルを上げていこうと思います。

インストラクターに相談する(無料)

 

登山の総合スキルを体系的に学びたい方必見!

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する5期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。

キーワードで記事を検索