膝のトレーニング方法 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:Y.N (女性/40代)
まだ1年半の初心者です。4~5時間位いの山で、身体は辛くないのですが、膝が辛くなります。スロージョギングやスクワットをしていますが、それで良いのでしょうか?

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

膝の痛みに関しては、多くの場合が大腿四頭筋の筋力不足によるものです。
トレーニングとしましては、正しい姿勢でのスクワットを行うことが望ましいでしょう。
膝の痛みの緩和に繋がります。

また歩行についてですが、下りを今までよりも小股で、一歩一歩を小さく下ってみましょう。
着地時の衝撃も膝の負担に繋がりますので、大きな段差などでは特にゆっくりと足を下ろすようにしましょう。
サポートタイツやサポーターを利用すること、荷物を軽くすることも膝の負担を軽減することに繋がります。

すぐに改善されるものではありませんが、じっくり時間をかけてトレーニングを積み重ねてみて下さい。
きっと痛みに悩まされることのない登山ライフが楽しめるようになると思います。
ご参考にして頂ければ幸いです。

解決相談者:Y.Nさん
ご丁寧に回答いただきありがとうございました。
参考にしてみます。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。