岩場での自己確保の方法 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:山での行動方法・知識
相談者:Y.M (男性/50代)
登山を始めて8年になる54歳男性です。
普段は妻と二人で山行を楽しんでおり、最近テント泊も始めたところです。
丹沢を中心に、日本アルプスのあまり難易度が高くないのない山道、岩場を経験し、雪山もガイドさんに習いながら上っております。
そこで、先日、木曽駒ケ岳の岩場で、カラビナ、スリング を装備して単独で登って行かれる方を散見しました。岩場での緊急時の自己確保などに使うのかと思いますが、クライミングではなく、登山の過程での難易度が高い岩場での自己装備の必要性と、その習得方法を知りたいです。講習会だとクライミングシューズを使ってのロープクライミングがほとんどで、習得方法がわかりません。よろしくお願いいたします。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
松本 善行
松本です。

1.必要性について
岩場の経験と技術の習熟度からくる、根拠のある自信の程度によります。
滑落や転落の可能性がある岩場を一つのハザードと考えた場合、確保を基本とするロッククライミングというスタイルで登るなら、その装備はそれに準じたものとなり、ある意味リスクは低くなります。一方、岩場を縦走というスタイルで登るなら、確保の要否は登降者の判断に委ねられ、自己確保がされない場合、リスクは高くなります。しかしリスクは高くなっても、先ほどの根拠のある自信に基づけば、リスクを下げることはできます。

具体的な例を挙げると、群馬県には谷川岳というロッククライミングで有名な山と、上毛三山の一つ、妙義山という顕著な奇岩を持つ山があることはご存じのことと思います。
この二つの山のリスクの高低を単純に比較することは出来ません。なぜなら谷川岳の岩場ではクライミング中の事故は確保していても起こり得る難易度が高いことなどが原因ですが、妙義山での稜線上の転落事故は、鎖の整備が行き届き、難易度も谷川岳の岩場ほど高くはないために、確保の省略などが原因で発生するからです。
つまりそこが落とし穴であって、確保が要るか要らないかのギリギリのラインというのが、実は一番問題視される部分です。

多少脱線してしまいましたが、一つの指標として、バランスを要する箇所、或は注意力を落とせない箇所において、恐さや足がすくむ感じを覚え、それが毎回著しいなら装備の必要があるとみてよいでしょう。

2.習得方法について
一つに、「危険箇所の通過」というようなテーマの講習会を探してみてはいかがでしょうか。
また、「ヴィア・フェラータ」も一つのキーワードとなるでしょう。
(ヴィア・フェラータとはシステムの名称で、ヨーロッパや東南アジアなどでは、自己確保用のワイヤーが岩壁に張り巡らされた専用のコースを、そのシステムを使って登り降りしたりします。)

尚、上記は鎖や梯子、または自然物等に自己確保を施すことを主として述べましたが、ロッククライミングのカテゴリーを除く、他の危険回避技術には懸垂下降が含まれます。この技術を含めた包括的な技術を学びたいと思う場合は、山岳会などの門をたたくことが一つの重要な選択肢となります。

解決相談者:Y.Mさん
非常に詳しく解説いただきありがとうございます。
自信があるかないか、それを裏付ける経験や技術があるかないか。ご教示頂いたような講習会などで身につけていくことを考えていきます。ありがとうございました。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。