他人のペースでバテてしまいます – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:山での行動方法・知識
相談者:J.W (女性/40代)
こんにちは。単独行の事が多いですが、ちょっと混んだ山などだと、歩き始め、ついつい他人のペースに惑わされて過ペースになりバテが来て、早々に休憩。というパターンが多いです。適度な乳酸コントロールのポイントについて気になります。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

バテには様々な原因がありますが、一番大きいのは心拍数の乱高下と高強度運動の連続で引き起こされます。
この様なトラブルを引き起こさないために、一定の心拍数を保って運動を行うことが大切です。
ハートレートモニター(脈拍計)が搭載された腕時計が様々販売されていますので、その様なものを使って脈拍数が上がりすぎないようにコントロールしながら歩くと良いでしょう。
上限を150くらいとし、大凡130~150の間に収まるように歩けばバテは少ないと思います。
是非ご参考にして頂ければ幸いです。

解決相談者:J.Wさん
返信をありがとうございました。 以前の質問は、陣馬山~高尾山縦走での体験からでした。先日、合戦尾根から燕岳に登った際、急登の評判に慎重な程ゆっくり行った所、バテなく山頂までたどり着くことが出来ました。どの位のペースが自分にとって適度なものかは、やはり経験を重ねていくのが大切だと実感しました。 これからも「相談小屋」を活用させていただきます。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。