ペースが遅いので最後尾で歩きたいです – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:山での行動方法・知識
相談者:登りが苦手 (男性/30代)
登りが遅いのでリーダーの後ろ、二番目にあるくように指示されますが、皆さんに迷惑かけるので最後尾であるきたいのですが、なぜダメなのでしょうか。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

無料の登山講座のご案内です。お近くの方はぜひお申込みください。(実技は実費がかかります)↓

JMIA認定インストラクター
水上 宏一郎
チームを安全に率いるには一番遅い人に全体の動きを合わすのが合理的です。チームのスピードを調整するのはリーダーの役目ですが、先頭を歩きながらメンバーの動きを気配で感じ取るのですから一番遅い人にすぐ後ろを歩いてもらうしかありません。

仰るように遅い人が最後尾を歩くとすれば、リーダーはスピードを上げて行ってしまい、隊列が乱れて間隔が開き、時として遭難につながります。

解決相談者:登りが苦手さん
最悪の状況(遭難)を考えると合理的なのですね。ありがとうございました。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

無料の安全登山講座、あなたも受けてみませんか?

気象遭難と天気図の基本についての講座もありますのでチェックしてみてください。

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。