危険回避のロープの要否についてなど – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:遭難・トラブル防止
相談者:J.B (男性/40代)
ロープは用意すべきでしょうか?
冬も登ります。
必要な長さ、太さ。クライミングはしません。
危険回避ともしものためです。

北海道の山のみです。

よろしくお願いいたします。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

登山を行うためにロープを用意すべきかとのことですが、ルートや環境によるところが大きいです。
もちろん万が一に備えてどの様なところでも持ったほうが安心ではありますが、では滑落危険箇所のない山でも必要かと言われると、必ずしも保つ必要は無いと思います。
またルートによって必要なロープの太さや長さは変わるので、一概にどれがベストとも言い難い部分があります。

・一般登山の危険箇所対策
・自由落下を伴う墜落のリスクは無い
・可能な限り軽量なもの

などを考慮するのであれば、8mm台のダイナミックロープを30m程度持つことが無難かと思います。

ロープによる安全確保は、ロープだけあれば良いというものではありません。
ロープの取扱いに関する安全知識を十分に持ち合わせていない状況での確保は、むしろ危険を増す場合も多くあります。
必ず山岳会や登山インストラクターによるロープワーク指導を受けることを推奨します。
独学での運用はリスクを伴うことを十分にご理解下さい。
ご参考にして頂ければ幸いです。

https://www.kuri-adventures.com/登山/ロープワーク/教室/マウンテニアリング教室/山岳ロープワーク講習/

解決相談者:J.Bさん
ありがとうございました。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。