アバランチビーコンとヒトココの安全管理について(1) – 山の相談小屋

アクティビティ:雪山登山, カテゴリ:遭難・トラブル防止
相談者:いとうさぎ (女性/40代)
ゴールデンウイークの北アルプス唐松~五竜岳の5名パーティーでの縦走計画について、昨日ご相談させて頂きました。ビーコンは各自必携だと回答も頂きました。仮に、(初心者が)ビーコンの購入や調達が間に合わず、ヒトココで代用して、万一滑落した場合、装備として問題ないと考えてよいでしょうか?ビーコンとは、目的も少し違ってくるようです。リーダーと参加者本人が合意をすれば、解決することでしょうか?このままですと、チームとしての組織の機能もうまくいかないような気がします。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

アバランチビーコンとは、雪崩に埋まってしまった方を特定の範囲の中からピンポイントで探し出す道具であり、アバランチビーコンで滑落者の捜索を行うことは困難です。

BCA トラッカー3

BCA トラッカー3 入手可能なマルチアンテナ・ビーコンの中でももっとも薄型のモデルとなっています。


一方でヒトココは広いエリアから凡その範囲を絞り込む為のビーコンで、滑落者の捜索には適していますが、雪に埋まってしまった方を探し出すには不向きです。
ヒトココ

ヒトココ (ココヘリ会員証)


用途が違うので、それぞれ用意することが望ましいでしょう。

雪山登山を行う上でアバランチビーコンは必携です。
もし用意できない方がいらっしゃるのであれば、残念ではありますがその方はまだ雪山登山を行う資格がありません。どうしても用意できないのであれば、今期は諦めるのが正しいでしょう。

登山とは、技術、経験、装備、準備、天候がすべて揃ってはじめて成り立つ遊びです。
そして天候以外は全て自己の責任において身につける事ができるもの。
それが用意できないうちは、まだその山行を行う段階にないということです。
ご予算的な都合があるのであれば、今期は諦め、来季を狙うのが良いでしょう。

しっかりと準備をし、安全な登山を楽しみましょう!
ご参考にして頂ければ幸いです。

相談者:いとうさぎさん
栗山様
早速のご回答をありがとうございます!自分はリーダーではありませんが、貴重な意見を頂きましたので、メンバーとして主張できるように、ビーコン必須について、これから装備についてしっかり議論をしたいと思います。山を楽観視しないためにも、安全登山に対する志を強く持ち続けたいと思います。ありがとうございました!

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。