雪山での手先の冷えとグローブに関するアドバイス – 山の相談小屋

アクティビティ:雪山登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:H.U (女性/40代)
雪山でのグローブについて相談させてください。自分は比較的汗かきなのか、登っているときは良いのですがその後汗が冷えて手が冷たくなります。最悪凍傷につながるのではと思っていますが、これまで幸いにも凍傷にまではなったことはありません。

グローブはゴアテックスで保温性も兼ねているものを使用しており、インナーグローブは特につかっていません。もっと手先を快適にしたいと思うのですが、なにかアドバイスはあるでしょうか。やはりグローブもレイヤリングを意識したほうがよいでしょうか。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

冬のグローブにはなかなか正解がなく、たぶんみんな悩み続けているのだと思います。
僕も散々いろいろ試した結果、今は原点回帰してウールの手袋に落ち着いています。

ウールのグローブは濡れても冷えを感じにくく、汗をかいても手が冷えにくい特徴があります。
ウールのグローブを3セット用意し、一組を装着、もう一組はジャケットの中で温めておきます。手が湿っぽいと感じたらジャケットの中のグローブと入れ替え、装着していたグローブはジャケットの中で体温で乾かします。
これを繰り返していれば、常に温かい状態を保てます。
3組目はバックパックの中に入れておき、万が一ビチョビチョに濡れてしまった時の予備にしておきます。

ウールのグローブのままでは雪に触れることはできないので、その上からオーバーグローブをします。
森林限界以下の領域であれば5本指のペラペラのオーバーグローブを用意し、操作性を重視します。
森林限界を超えて風が強い時や、アイスクライミング、ミックスクライミングなどで長時間ビレイを行うような場合にはダウンミトンを使用します。
ベースをウールのグローブとし、オーバーグローブで調整するのが、結局一番良いのではないかと感じています。

ご参考にして頂ければ幸いです^_^

解決相談者:H.Uさん
なるほど、色々と試してみる必要がありそうですね。ウールのグローブも参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

登山初心者必見!

神奈川県勤労者山岳連盟では、登山初心者のための8ヶ月間の登山講習プログラムを提供しています。

あなたもハイキング・登山の基礎技術、安全山行に対する知識、パーティとして行動する共同生活の意義を学び、「目指したい山に行かれるようになる」をコンセプトに学んで行きませんか。

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。