ストックではなくピッケルが必要になる場合とは – 山の相談小屋

アクティビティ:雪山登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:T.T (男性/40代)
初歩的な質問で申し訳ありませんが、ピッケルというのはどういったシチュエーションで使うものでしょうか。以前、雪山をスノーシューで歩いたことがあるのですが、そのときはストックを使用しました。ピッケルが必要になる場合について教えてください

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
松本 善行
機能についてひとことで言うとすれば、全体重を預けても支えてくれるのに十分なのがピッケルです。言い換えるなら、自分の命を預けるアンカーとして機能するものがピッケルと言えます。決して大袈裟な表現ではありません。
それではイメージしてみて下さい。カチカチに氷化した雪の斜面を横断するとします。スリップして滑落すれば、下は何百メートルも落差のある崖だとしたら、ピッケルとストックのどちらを使いますかということです。
ピッケルは頭の刃先の部分(ピック)をナイフのように硬い雪に刺したり、柄の下方の尖った部分(スピッツェ)を軟雪に深く刺してアンカーにしたりすることにより、身体を安定させることが出来ます。もちろん、杖としての用途やステップを作るための掘削用として使用したりもします。
一方、ストックは脚力の軽減のための杖として、或はバランスを取るための道具としては活躍しますが、急激に荷重した際に折れてしまったり、折れずともそのような不安を抱かせることはアンカーとしては不十分と言えます。

そのようなことを踏まえれば、ピッケルはどのようなシチュエーションで必要となるかイメージできると思います。
雪が存在する高山の森林限界上には、雪・氷・岩が交互に現れる痩せた岩稜帯や急な斜面などが多く存在しますが、森林限界上に限らず、そのような急峻な箇所が予定のコース上にある場合は、ピッケルは必須の道具となります。

上記のようなシチュエーションでは、おのずとアイゼンが必要であることも理解できると思います。
同じ雪山でも、一方はストックとスノーシューで登れる山、一方はピッケルとアイゼンで登る山、というように、目的の山に応じた道具の選定を、今後感覚的に磨かれるとよいでしょう。

解決相談者:T.Tさん
松本様
具体的に丁寧にご説明いただきありがとうございます。
よくイメージできましたので、実践で技術を磨いていきたいと思います。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。