ピッケル、アイゼン、ロープの使い時について – 山の相談小屋

山岳ロープワーク

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:ジローちゃん (男性/30代)
ピッケル・アイゼンやロープは、どんなときに必要ですか?また、必要な場合はどうやって使いこなすための技術を習得すればよいでしょうか。

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
ピッケル、アイゼンは原則として雪山において必要です。
またロープは危険な場所を通過する時に必要です。

そうは言いましたが、危険な箇所はいつ何時現れるか分かりません。
山をやる以上、いつでもロープや最低限の確保器具の携行をしておくべきであると私は考えます。
そしてそれに伴い、必ず必要になってくるのが技術と経験となります。

山岳会などに所属し、その中で先輩登山者からビシバシと鍛えてもらうと良いでしょう。
または私どもの様なインストラクトを生業とする業者の講習などに参加し、技術を身につけるという方法もあります。
しっかりとした技術や経験を元にロープによる安全確保を行うことで、山の危険は大幅に軽減されます。

またそのような技術や経験を身につける過程において、一般登山道から外れた本格的な登山も経験するでしょう。
その中で、雪山以外でもピッケル(またはそれに類似したピック付きの器具)を使用する方法なども身につくでしょう。

それぞれの道具は持っているだけで安全が約束されるものではありません。
しっかりとした技術習得の機会を設け、その道具を使いこなすことで安全に近付くものです。
是非学習機会を設け、様々な道具を駆使して安全な登山を楽しむ能力を身に着けましょう!

解決相談者:ジローちゃんさん
ありがとうございました!

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに質問する(無料)

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。