ストックの使用における注意点 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:山での行動方法・知識
相談者:J.T (男性/30代)
先日とある登山講習会で、講師の方がストックの使用は個人的には慣れた人以外はあまりおすすめしないというようなことを言っていました。特に2本で使用することについてです。

ストックを使うと足の負担を軽減できる気がして楽だと思うのですが、初心者は使わないほうがよいのでしょうか。
正しい使い方やデメリットなど教えてください。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

トレッキングポールの弊害として、正しい歩行技術が身につきにくいと言う欠点があるかも知れません。
正しい歩行とは、後ろの足に荷重を残したままそっと前の足を置き、ゆっくりと荷重を前足に移してからそっと後ろ足を抜く。登山では静荷重・静移動による歩行が求められます。
トレッキングポールに頼る歩き方をしてしまうと、いつまで経ってもこの歩行技術が身につかない懸念があります。

しかし一方で、転倒防止や膝保護などの利点があるのも事実です。
特に初心者こそ欲しいもの。

使用においては個人の判断となりますが、個人的には推奨派です。
初心者こそ積極的に使ってまずは山登りを快適に楽しみ、ある程度の脚力が身についてきたら正しい歩行を意識して歩くようにしてみて下さい。
このトレーニング期間中はトレッキングポールを使わないようにしましょう。

トレッキンポールを使う期間と使わない期間をそれぞれ経験することにもなるので、結局のところ自分自身にとってどちらが良いのかの答えも見つけられるのでは無いでしょうか?
ご参考にして頂ければ幸いです。

解決相談者:J.Tさん
利点と弊害、わかりやすく説明いただきありがとうございました。
静荷重・静移動による歩行技術があることは知りませんでしたので、勉強して実践してみたいと思います!

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。