高所恐怖症ではしご、岩場、鎖場が苦手です – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:全般的なこと
相談者:ami (女性/30代)
山登りは好きなのに、矛盾しているようですが実は高所恐怖症です。はしごや鎖場など恐怖心で身動きがとれなくなってしまいそうになるほど緊張しがちです。克服方法などはあるのでしょうか?山に登る人でそんな人は少ないでしょうか。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

多くのお客様に指導を行っていると、一定の割合で高所恐怖症だと仰る方がいらっしゃいます。
高いところが怖いというのは人間として正しい防御判断です。
しかし登山においては緊張し過ぎもかえって危険を招く場合もありますので、ある程度の慣れは必要かと思います。

高さに関してはもう本当に慣れで、繰り返していけば次第に恐怖心は感じなくなるものではありますが、その前に事故を起こしてしまっては元も子もありません。
そこでおすすめしたいのがスポーツクライミングへの取り組み!
ロープを使ってしっかりと安全確保された状態であれば、恐怖心から体が強張って墜落してしまっても安全です。
安全なスポーツクライミングの中で岩に対する体の動かし方を十分に知り、自信を持つことでも恐怖心は軽減します。また登山に比べれば高度感はありませんが、それでも20m近い岩に取り付くスポーツクライミングを繰り返せば、高さに対しても慣れてくると思います。

大丈夫。きっと克服できます!
まずはクライミングの基礎技術を学び、是非取り組んでみて下さい^_^

はじめてのクライミング講習

解決相談者:amiさん
ありがとうございます!慣れるよう経験を積んでいけば克服できると聞いて勇気がわきましたヽ(*´v`*)ノ

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。