冬でなくても雪山装備が必要な状況とは – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:タクロウ (男性/30代)
冬でなくても雪山装備が必要な場合があるとききました。実際にはどのようなときに必要になるのでしょうか。

無料の登山講座のご案内です。お近くの方はぜひお申込みください。(実技は実費がかかります)↓

JMIA認定インストラクター
松本 善行
日本の冬とは一般的に12月~翌年2月と解されますが、この間以外に降雪もしくは積雪がある可能性のある時期と考えば、その変わり目の時期ということになるでしょう。

具体的には11月の晩秋、また3~5月の春期や残雪期になりますが、すべてがこれに当てはまるわけではなく、山域や標高で異なります。また、それによって雪山装備の中でも、要・不要が分かれてきます。

特に変わり目の季節で先ず必要になってくるのは冬期対策としての防寒具類(アンダーウエア・保温着・冬用グローブ・耳まで覆える帽子等)です。

例えば富士山の場合、雪山の装備が必要になってくるのは、10月~翌年6月という幅の広い時期になります。一番の脅威は突風ですから、防寒具の他に冬用ブーツ・ピッケル・アイゼンは必須となります。

また、谷川岳を例にとった場合、標高は2,000mに満たなくとも降雪量の多い山域ですから、11月~翌年5月の間は雪山装備と考えた方が無難です。特に12月~翌年4月にかけては雪崩も多く発生しますので、雪崩ビーコン等も必須となります。

解決相談者:タクロウさん
なるほど、理解しました。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

無料の安全登山講座、あなたも受けてみませんか?

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

SNSでもご購読できます。