単独でのロープ – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:遭難・トラブル防止
相談者:H.H (男性/30代)
単独で登攀する時がしばしばあります。そんな時にロープを使って安全を確保ことはできないのでしょうか?

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

ソロクライミングのシステムは完璧に確立しているわけでは無く、様々な危険を伴います。
原則として単独での登攀は行うべきでなく、2名以上でないと確保は難しいものとなります。
フィックスしたロープにアッセンダーを使っての登攀などであれば、ソロクライミングの手法としてそこまで大きなリスクは無いかと思います。リードの場合にはアブソーバーを使った上でロープの末端を繋ぎます。安全環付きカラビナにクローブヒッチを結び、ビレイループに繋ぎます。1ピン毎にクローブヒッチを緩め、次の1ピン分繰り出します。
この方法であればソロクライミングも可能ですが、決して安全なものではありません。
やはり可能な限りパートナーを見つけた上でのクライミングを楽しまれる事を強く推奨します。

解決相談者:H.Hさん
やはり一人では難しいのですね。勉強になりました。
ありがとうございました。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。