メットの購入を検討しています – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:I.M (女性/30代)
そろそろ、低山から少し高い山へ登ろうと思いメットの購入を検討しています。今後、クライミングもしたいと思ってます。おすすめなどございますか?

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

ヘルメットの選択は好みによって代わるのでなんとも言えませんが、いくつか商品を紹介したいと思います。

ヘルメットは大きく分けると3種類。
硬いシェルのみで覆われたタイプのもの、硬いシェルと発泡スチロールの衝撃緩和層を設けたタイプのもの、厚い衝撃緩和層と極薄シェルの組み合わせでできた軽量タイプがあります。
現在では後者2種が一般的です。

グリベル社のステルスなど、厚手の発泡スチロールと極薄のシェルで覆われたタイプのヘルメットはとにかく軽量なのが魅力です。
その分劣化しやすかったり、尖ったものの貫通を防ぐことが難しかったりします。
アイスクライミングやドライツーリングも検討するならば不向きかもしれません。

KONG社のヘルメットマウスなど、硬いプラスチックシェルの内側に最低限の発泡スチロールを設けたタイプのヘルメットは、最も一般的に普及しているヘルメットです。
軽量タイプのヘルメットに比べれば少し重量はありますが、尖ったものに対する防御力も高く、オールマイティーに使えます。

エーデルリッド社のマデューロなどはとてもユニークな商品で、なんと折りたたむことができます。
縦走系の登山がメインの場合など、荷物を少しでもコンパクトにしたい場合などにはとても魅力です。
構造上、側頭部からの衝撃はやや弱めかとは思いますが、山で一番守らなくてはならない天頂部に関してはほぼ他の商品と差がないと思います。

これらのヘルメットは、弊社が運営する Kuri Adventures クライミングジムでも取り扱っています。
ヘルメットは頭の形状に合う合わないなどもあったりしますので、是非一度ご来店頂き、実際に被ってみた上でご判断願えれば理想かと思います。
ご来店も、心よりお待ち申し上げております^_^

https://www.kuri-adventures.com/クライミングジム/

添付写真1
添付写真2
添付写真3

あなたも知りたいことありませんか!?

インストラクターに聞いてみる(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。