ホワイトアウト時の行動 – 山の相談小屋

アクティビティ:雪山登山, カテゴリ:山での行動方法・知識
相談者:アッキー (男性/30代)
先シーズンから雪山登山をはじめました。幸いにもこれまでは天候に恵まれていたので良かったのですが、もしホワイトアウトになった場合、どのような行動をとったらよいでしょうか。スキー場ですらホワイトアウトしたときには方向もわからず不安な思いをしたので、実際の雪山で起きたらと考えると・・・

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
松本 善行
ホワイトアウトとは、狭義には1cm先すら全く見えない白一色の盲目状態のことを指しますが、実際では数メートルから数十メートル先が薄っすらと見える状態を含み表現されているようです。

ここでは2m離れた同行者の姿が、わずかに確認できる程度と仮定します。
先ずは置かれている場所、付近が切れ落ちていないか(痩せ尾根等)、そしてその時の天候、風が強くないか等です。

上記いずれも当てはまる場合は即行動を中止します。
積雪期であればその場で足場を固め、雪で風除けブロックを組む等してツエルトを被り、視界が安全に行動できる程度に回復するまで待機します。

周囲に転滑落の危険がある斜面や崖がなく、風が強いだけならば、風が避けられる場所を探りながら移動し、同じくツエルト等にて待機します。ただし、その場での待機が危険な場所、例えば雪崩地形においては移動が優先となる場合もあります。

上記地形・天候等いずれも問題ないと判断でき、ホワイトアウトナビゲーションを習熟しているならば、地形図・コンパス・高度計(又はGPS)を駆使しながら慎重に行動します。

解決相談者:アッキーさん
なるほど、雪山の経験を相応に積んでいく必要がありますね。ありがとうございました。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。