秋の登山の注意点や魅力 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:遭難・トラブル防止
相談者:山にいきたい (女性/30代)
すでに山々は紅葉真っ盛りな季節だと思います。
秋の山々も堪能したく計画しているのですが、夏山と違って気をつけるべきポイントはどういったところになるでしょうか。
秋のアルプスや低山などそれぞれ注意点などあれば教えてください。また、魅力なんかもあればぜひ教えてください。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

秋の山で注意しなくてはならないことは、まず第一に日が短くなる事があげられます。
春から夏の登山では日没までに余裕がありましたが、秋から冬にかけては日没するリスクが大幅に高まります。
ヘッドランプの携行や万が一のビバークに備えた装備の準備、防寒着の備えなど装備をしっかりと整えましょう。
また早めに出発し、早めに切り上げるタイムスケジュールを組むことも大切です。

森林限界を超える山々では、この時期より突然の降雪も起こる時期になります。
軽アイゼンなどを備え、朝起きたら一面真っ白だったと言う状況にも対応できる様にしておきましょう。
ある日突然に冬がやってくるのもまた、秋の山の特徴です。

ご参考にして頂ければ幸いです。

解決相談者:山にいきたいさん
ありがとうございました!

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。