登山によるダイエット効果など – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:登山と健康、体力
相談者:Dai (男性/40代)
登山は重い荷物を背負って長時間体を動かし続けるので、相当ハードな運動かと思います。
そのため、ダイエットや健康増進のために効果的な運動といえるでしょうか?逆に体にとって過剰な頻度などはあったりするでしょうか。
健康増進も兼ねて山登りをしていますが、ふと気になりました。

無料の登山講座のご案内です。お近くの方はぜひお申込みください。(実技は実費がかかります)↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

登山はとても消費カロリーの大きな運動です。
例えば体重65kgの40代男性が10kgの荷物を背負って6時間ほどの登山を行った場合、約3,500kcal消費します。
これを2日繰り返すと、凡そ1kgの脂肪燃焼する計算になります。
フルマラソンで2,500kcalの消費ですから、登山が如何に大きな消費カロリーの運動かが分かります。
しかしマラソンなどと違いゆっくりと時間をかけて行う運動なので、関節などに対する衝撃も小さく、体にも優しい運動であると言えます。

では登山を行うとどんどん痩せていくか?
それはなかなか難しかったりします。
ある一定までは一気に痩せていきますが、途中でその勢いは消え、ある一定の体重からは一向に減らなくなります。
登山を行うと急激にカロリー消費するので、食欲を抑えられなくなるんです。
でもたくさん食べて、たくさん動いて、その上で一定の体重を保てる。
本当はこれこそが一番健康的なんでしょうけどね^_^

登山の消費カロリーが大きな側面には、アミノ酸分解への危惧もあります。
血中の糖質だけではエネルギーが足りず、筋肉を分解してエネルギーを生産しようとする働きが起こります。
ダイエットしようと登山中に行動食を控えるのはやめましょう。
行動時はこまめに糖質を補給し、登山後はしっかりとタンパク質を摂取し、日頃の生活では食事量を減らす。
これを行なっていけばきっとダイエットにもなります。

ご参考にして頂ければ幸いです。

解決相談者:Daiさん
定量的に考えたことありませんでしたが、2日で1kgの脂肪燃焼はすごいですね。
どうりでお腹が空きます。とてもじゃないですが、登山中に食事を抑えることはできず、下山後もたくさん食べてしまいますが、体が求めているからなのですね。アドバイスありがとうございました。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

合わせて読みたい

無料の安全登山講座、あなたも受けてみませんか?

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。