登山道具の保管の仕方や工夫 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:山ビギナー (男性/40代)
めんどくさがりの性格もあって、登山用品の保管にあまり気を使ってこなかったのですが、収納がなんとなく汗くさかったりカビっぽい臭いがする気がします。あまりちゃんと手入れしていないので劣化も心配です。

インストラクターのみなさんがウェア、靴、ザック、テントや寝具、その他ギア類など道具の保管の際に気をつけていることや、工夫していることなどあれば教えていただけないでしょうか。収納テクニックなんかも何かあればおしえてください。漠然とした質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたしますm(__)m

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures の栗山です。

バックパックの中は、想像以上に高い湿度となります。背面から汗が蒸気として内部に充満し、装備を湿らせるそうです。この為ゴア社では、使用していなくてもゴアテックスウェアを必ずスタッフバックから出して干す事を推奨しています。当然これはゴアテックスウェアに限らず、全ての装備に対して言えます。
そこで私の場合、バックパックの内側にゴミ袋を入れ、装備は全てその中に入れるようにしています。
雨からも装備を乾いた状態で守れますし、当然汗による蒸れも起きません。

また装備を使用した際にはしっかりと乾かすことが大切です。
レインウェアは使用したら必ず洗って、乾燥機にかける。防寒着はしっかりと乾かす。テントや寝袋に関しては特にしっかりと乾かしましょう!靴も必ず中敷きは外し、中敷きの下まで乾かします。
湿気の残りはカビの原因になります。

収納に関し、一部小物に関しては乾燥させた上でプラスチックの引き出し収納にしまっていますが、基本的に他の全ての装備はスチールラックや網目状のコンテナなどを使用して通気の良い状態で保管しています。
寝袋やテントなど、たまにしか使用しないものは特に注意が必要です。

まずは装備をしっかりと乾かし、カビなどの雑菌が繁殖しない環境を作ることが大切であると考えています。
またレインウェアやバックパックなど、汗に湿るものはきちんと洗い、衛生状態を保つことも重要です。
ご参考にして頂ければ幸いです。

解決相談者:山ビギナーさん
ザックの中にゴミ袋を入れてムレから守るというのはさすがのアイデアですね!
保管時についても、通気を意識したいと思いました。大変参考になり、ありがとうございました〜

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。