コンパスの使い方 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:山での行動方法・知識
相談者:マサ (男性/40代)
登山でコンパスは必須の持ち物だと聞いたことがありますが、今まで使ったことがありません。どのような場面で使うのでしょうか。使い方の基本などあれば教えてください。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
大津 洋介
磁石を持ってきてと言ったら、U字型をした鉄をくっつける磁石を持ってき人がいたそうです。これは冗談みたいな話ですが、山の装備の中に必ず磁石(コンパス)というものが入っています。

この磁石は地球の磁力で北などの方位を知るもので、山での磁石が必要な場面は地形図を周囲の地形と合わせる時に使用します。これを一般に整置(正置)といい、この時点で地形図とまわりの地形が対応されたことになります。

これにより例えば分かれ道にいれば自分の向かう方向がわかったり、山頂から見える山が何という名前の山か知ることができます。したがって、磁石と同時に地形図も必要になります。

磁石の示す北(一般に赤い磁針の指す方向)はわが国では真北より西に6~9°ずれます。これを磁北(MN)と言いあらかじめ方向を地形図に記入しておくと現場で簡単に補正できます(磁北線といいます)。

他に磁石の機能として自分の進む方向を知ったり、まわりの地形から自分の位置を知るという技術(ベアリング、バックベアリングなど)があります。これは測量技術を超簡易化したもので、原理をしっかり理解して方法を知っておくことは良いことですが、誤差が大きくなることを十分に承知しておいてください。

なお、登山に使う磁石はプレートタイプの磁石が良いでしょう。金属などのそばでは誤差が生じますので使用時・保管時には金属や電気製品に近づけないようにしましょう。

磁石が必要なことはわかっていただけたでしょうが、読図で最も大事なのは自分が今いる現在地を把握するすることです。ちょっと難しい技術ですので現在地把握、磁石の使用法、地形図の読み方など総合的な技術を経験者に教わり、経験して行くことがおすすめです。

解決相談者:マサさん
現在地の把握とセットできちんと使い方をマスターする必要があるのですね。ありがとうございました!

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

合わせて読みたい

無料の安全登山講座、あなたも受けてみませんか?

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。