アルパインヌンチャクの強度 – 山の相談小屋

アクティビティ:クライミング, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:K.T (男性/30代)
アルパインヌンチャックの強度についてお伺いします。

先日、一緒に行った友人とアルパインヌンチャクに関して議論がありました。

私は、アルパインヌンチャクをダイニーマスリングを使って組んでいます。
(6mmダイニーマスリング60cm/ベアール + カラビナ/オズ・ブラックダイアモンド)
操作性を考慮してロープ側カラビナをインクノットで固定して使っています。

ここの強度低下で議論になりました。
友人は「インクノットによるダイニーマの強度低下が大きいので、固定する場合は他の方法をとるべき」と言います。
私は「インクノットによる強度低下は考慮しているが、ダイニーマが破断するより先に支点が崩壊する」と考えています。

友人とは付き合いが長く、それなりの高難易度までパートナーとして言っているため信頼しています。

この問題はどう考えるべきでしょうか?
ご意見をお聞かせください。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
松本 善行
松本です。久しぶりに回答させていただきます。

理論上の話になりますが、ダイニーマスリングの強度を22KNとした場合、クローブヒッチ(インクノット)による強度低下が約マイナス35%と聞いていますので、その限界値は約14KN(約2/3)となります。その限界値ギリギリで考えた場合、最終ランナーに与える衝撃値はプーリー現象により約1,7倍となり、その数値は約24KNとなりますので、ボルト強度が24KN未満(本チャンでは実質24KN以上は考えにくいでしょう)の場合、崩壊する可能性は高いでしょうし、カラビナ自体の強度もほぼ限界値なので破断するかもしれません。
しかしながらそれ以前の話で、人が生存できる限界値は12KNとされていますので、クローブヒッチによる強度低下があったとしても格別問題視する必要はないように思います(勿論、強度低下を起こすことを知っていることは重要です)。それよりも衝撃力がかからない工夫をする方がよいでしょう。いわゆるランナウト対策と制動確保などです。
余談ですが、アルパインクイックドローをたたんだ状態で使用すると3重になりますので、強度もおよそ3倍近いでしょうか。

解決相談者:K.Tさん
ありがとうございます。

ご意見の中で、人が耐えられないことを忘れていました。

今後もよろしくお願いします。

created by Rinker
¥880 (2020/08/11 02:42:56時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥880 (2020/08/11 17:46:42時点 楽天市場調べ-詳細)

インストラクターに相談する(無料)

 

登山の総合スキルを体系的に学びたい方必見!

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する5期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。

SNSでもご購読できます。

キーワードで記事を検索