雨合羽とレインウェアの違い – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:やまちゃん (男性/30代)
登山初心者なのですが、雨対策について教えてください。傘や雨合羽といわゆる登山用のレインウェアは何が違うのでしょうか。傘や雨合羽で代用できないものでしょうか。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
金澤 和則
山の雨対策に関して、思い浮かぶこと。それは横殴り風雨。風に強いかどうかでしょう。

雨傘は風に弱い。台風のニュースで必ず、折れた傘とそれを抱きしめ街中を歩く人の映像が流れます。また傘は山行では視界を遮り、傘を持つ手も塞がり、転倒などトラブルを生じます。雨傘は登山口までのアプローチやテント場(山小屋)周辺での活用が便利ですね。

安価で防水重視を主とし塩化ビニール製で、ポンチョ型など、街のスーパーでも購入できるものを雨合羽として話したいと思います。屋外のスポーツ観戦など、あまり汗がでない向きにはよいでしょう。短時間の行動など一時しのぎには使えます。ただポンチョ型では風で下から捲られ濡れることがあります。また切れ易いコトもあり、山使用には耐久性が低いと思
います。

防水透湿性などの素材や、撥水加工などされた高機能な製品をレインウェアと捉えて話します。製品により優劣はあるにしても当然、先のふたつよりは、風雨時の登山でも利用し易く優れていると思います。ここで大切なのは、その高機能を生かすには着こなしが大事ということです。

少し暑いからといって胸元を少し開けたり、袖口を締めていない。フードをしっかり活用しない。レインウェアのジャケットから、中の上着が少し出てしまっている。等々。雨がレインウェアの間に入り易い条件を自分から作ってしまうことです。これを防ぐだけでも、中の濡れの差につながるものです。メンテナンスも大切ですが、行動中の状況に応じた、使い方にも気配りしたいものです。

解決相談者:やまちゃんさん
よくわかりました!参考にいたします。ありがとうございました

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

無料の安全登山講座、あなたも受けてみませんか?

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。