心配で食料をつい多く持ってしまいます – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:山初心者 (女性/30代)
・重い荷物が苦手です。
・燃費が悪く、人よりまめに行動食をとらないといけない。
・お腹が減るのが心配で、いつも水や食べ物を多めに持ってしまい、余る。でも、用意する段になるとやっぱり食べ物を減らすのが怖い。結果荷物が増える。の繰り返しです。適量をなかなか見つけられません。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

登山を始めたばかりの頃は、分からないことだらけで悩みますよね。
特に水や食料の量は悩ましく、少なすぎて苦しんだり、多すぎて余らせたりしてしまいがちです。

まず登山における栄養素として最も必要なものですが、絶対に摂取しなくてはならないのが糖質。
体の中の脂肪にこそ多くのエネルギーが含まれていますが、糖がないと効率よく燃やすことができません。
こまめな糖摂取を行わないと、行動ができなくなってしまいます。

登山では雨やチョコレートなど、行動中にこまめに摂取できる糖質を中心とした行動食を用意し、歩きながらちょこちょこ摂る事が大切です。
これらの食料はあまり嵩張らず、重量的にもさほど重くないもの。
重量が気になる女性登山者にとっては、特に良い選択だと思います。

やたらお腹が空いてしまうのは、歩行速度が早すぎる事も考えられます。
これも初心者にありがちなミスで、歩行速度が早すぎる方がほとんどです。
もし登山中に息が切れてしまう事があるのならば、もっとゆっくり歩きましょう。
お昼などの大休止を除く休憩をほとんど入れずに歩けるくらいの速度が理想です。
ゆっくり歩くことで多くのことが改善される可能性があります。

尚、個人的にはウィダーインゼリーを行動食にする事が多いです。
重量はありますが、水分摂取もできるのでその分水の量を減らす事もでき、結果として極端に重くなることはありません。
こまめに水分と糖分を摂取でき、且つ疲労した状態でもスムーズに吸収できるのでオススメです^_^
ご参考にして頂ければ幸いです。

解決相談者:山初心者さん
確かに、頑張って歩いてしまい息も切らしながら歩いています。
歩くペースと、糖分摂取をもっと意識してみます。
アドバイスありがとうございました!

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

登山初心者必見!

神奈川県勤労者山岳連盟では、登山初心者のための8ヶ月間の登山講習プログラムを提供しています。

あなたもハイキング・登山の基礎技術、安全山行に対する知識、パーティとして行動する共同生活の意義を学び、「目指したい山に行かれるようになる」をコンセプトに学んで行きませんか。

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。