山道具の収納に関する工夫(2) – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:kei-ta (男性/30代)
年々増える山道具、段々と収納場所に困ってきています。狭いスペースをなんとか工夫して使ってもすぐゴチャゴチャしたり、必要なものがすぐに見つけられなかったり・・・。インストラクターの皆さんはどんなふうに収納しているでしょうか。レイアウトや工夫している点、便利な収納グッズなど教えていただけないでしょうか。可能であれば写真付きだと嬉しいです!

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
松本 善行
家では夫婦共に山をやっているので、道具の量は単純に2倍近くになります。
従って一部屋まるまる道具部屋とせざるを得ません。

予め断っておきますが、私は極度の面倒くさがりやです。
例えば、カラビナを種類ごとに分けて金属ポールに掛けておくなど有り得ません。
それにもかかわらず、道具の整理は私が担当となっていますので、最低限の整理法、つまり大雑把でも、道具の山の中から短時間で発見しやすく、出し入れが容易である必要があります。

収納ボックス類は増えて積み重ねるに従い、下の段は出し入れしずらくなります。腰も痛めそうです。 そうすると、「写真2」にあるように、スチールラックやウッドラックを組立てて収納するようになります。まあ、ここまでは普通ですよね。 (ラックの横に金網やバスケットを付けて、刃物類を吊り下げてます)

また、多少大型の道具や、日射を受けたくない道具はクローゼットに(「写真1」・・・冬靴・スキー靴は上、ヤッケ,小・中型ザックは吊り下げ、 大型ザックは底)。ここまでも普通かな。

ここまでやっても道具が見つからない!と、ない!ない!づくしなので、去年導入(笑)したのが、「写真3」。
収納ケース(引き出し式で、ヘルメットぐらいの厚さは入る高さ)上から1段目は、雨蓋に入れるものや、4シーズンを通しての必須アイテム。
2段目は、ガチャ類(使用頻度の高いクライミング道具)
3段目は、その他の小物(使用頻度の比較的高いいろいろな物)
因みに、使用頻度の低い物や、ほぼガラクタ類は上に積み重ねてある収納ボックスや、天井部屋です。
4段目は、雪山グッズ(冬用グローブ・目出し帽・ゴーグル・ビーコンなど)で、雪山シーズンになってもすぐ取り出せて便利です。

例えば山から帰ると、ザックの雨蓋から、ガラガラと1段目に道具をそのまんま移します。これで結構、ない!ない!が多少なりとも解消しました。

写真1

写真2

写真3

あなたの山道具の収納方法、ご紹介いたします♪

GoALPでは、みなさんの山道具の収納の仕方を募集しています。投稿いただいた内容をGoALP上で紹介し、みなさんの山ライフのお役に立てるようにしたいと思いますので、ぜひお気軽に投稿ください♪

メールで投稿

contact@goalp.com までご連絡ください。また、本文には以下を記載ください。

  • ニックネーム
  • 収納の写真
  • 収納方法の説明
  • GoALP上で紹介したいtwitter / インスタグラム / facebookページなどのアカウントやブログ(任意)

Facebookメッセンジャーで投稿

こちらよりメッセージをください。

または、PCでご覧の方はお手持ちのスマホのFacebookのメッセンジャーアプリの「友達」タブにある、「コードをスキャン」から以下の画像を読み取り、メッセージでご連絡ください。

Twitterで投稿

GoALPの公式アカウント宛にダイレクトメッセージください

 

あなたも知りたいことありませんか!?

インストラクターに聞いてみる(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

SNSでもご購読できます。