山に自生している山菜の採取 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:全般的なこと
相談者: (男性/30代)
山に生えている山菜やキノコなどをとるのは違法になるのでしょうか。
常識的な話かもしれませんが気になったので教えてください。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
後藤 真一
山には当然その土地の所有者がおりますので
本来ならその土地の植物の採取は所有者の許可がないといけません。
ただ例外を除き、山奥などは所有者の目が行き届かない場合も多く
今までは黙認されてきたというのが現状だと思います。
または事実上放置されている土地も多いのだと思います。

法律や条例で規定された特別自然保護区(尾瀬などに代表されています)内では
動植物ほかの採取は罰則が科せられています。
また私有地などでも看板などで立入禁止や採取禁止など、地権者の意志表示が示された
ところでの採取は訴えられることがあります。

『登山者のための法律入門』(溝手康史著 山と溪谷社2018年刊)に詳しく
記されていますので是非お読みください。
登山者のための法律入門
後藤@マウントファーム登山学校

添付写真1

解決相談者:さん
グレーゾーンなのですね。
書籍の案内もありがとうございます。参考にいたします。

インストラクターに相談する(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。