避難小屋の利用について – 山の相談小屋

相談者:ミンミン (女性/40代)
今年から体力向上のため登山を始めて、どんどん山の魅力にハマりつつあります。まだ日帰り登山しかしたことがなく、次は山小屋泊をしてみたいのですが、近くの山には管理人のいない避難小屋しかありません。
 
このような避難小屋は宿泊する目的で使用してもよいのでしょうか?

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表主任講師の栗山です。

避難小屋によって使用方法が異なるので一概には言えませんが、原則として避難小屋は緊急時利用を目的としたものとなります。避難小屋に泊まるつもりで行っても、もし満員で入れない場合には近隣でビバークする事となります。

避難小屋泊を考える場合にはどのみちスリーピングマットや寝袋は持っていくと思います。併せてツェルトなども持参し、万が一避難小屋が使えなかった場合に備えましょう。

また緊急時しか使ってはいけない避難小屋もあるので、事前にしっかりと調べておくことも大切です!

Kuri Adventures では様々な登山技術を講習を通じてお伝えしております。
是非そちらにもご参加願えれば幸いです♪

インストラクターに相談する(無料)

 

登山の総合スキルを体系的に学びたい方必見!

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する5期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。

キーワードで記事を検索