圧巻の空中懸垂と西上州の絶景を楽しむ星穴岳山行レポート

絶景の中を宙吊りで下る

ほどなく歩いていると、真ん中に穴のあいた山の影が!星穴岳ももうすぐです。ホント、山の中腹に穴が開いてるんですね〜。

山頂へのアクセスにもロープをつかって、ついに登頂。眼下に絶景が広がります。

一般の登山者は来れない山なのですが、山頂においてある看板ななかなかカワイイ感じで映えます。

そしてみんなでいぇーい!という感じでパチリ。

さて、このあとはいよいよお楽しみの空中懸垂下降です。いつもの懸垂下降と基本的に変わらないのですが、緊張が走ります。

最初は壁にそって降りていきますが、途中から壁がなくなりロープで宙吊り状態に。そして壁に空いた大きな穴を通じて向こうの景色がみえて感動!

みなさんの降りてくる姿もばっちり撮影。画になりますね〜。

そのあと更に絶壁を懸垂下降し、ようやく破線ルートに出ます。

今回はパーティの人数も10名とかなり多く、ロープワークに時間をとられてしまったこともありこの頃には日が暮れかけていました。

駐車場が5時にはしまってしまい出れなくなるとのことで、全員またず先行隊が先に下山し車を移動することにします。

全員が懸垂下降し破線ルートを歩く頃には日も暮れており、ヘッデンつけてまさかのカモシカ山行(笑)

闇夜の破線ルートはとてもあるきづらく、かつルートファインディングの難易度もかなり高まります。

が、そんな状況も予見して準備をしていたわたくし。

ルートファインディングについて以前こちらの記事で紹介しましたが、愛用しているSuuntoのGPSウォッチを駆使することで自信をもって先頭を歩き、迷うことなくスムーズに下山することができました(ドヤァ

記録をみると、総距離3.7km・獲得標高500mにもかかわらず行動時間は8時間以上というのが今回の山行のハードさを物語っています。

まさに登山の総合的なスキルを駆使し、天候にも恵まれ絶景も堪能できた充実の山行でした。

最後に

星穴岳のような冒険的ないわゆるバリエーションルートは、それに対応するための確かな知識とスキル、そして単独では無理ですので仲間が必要になります。

JMIA登山講習会では、自分たちだけでこういったバリエーションルートにも行けるだけの知識や技術を一流の登山インストラクターから学べ、仲間づくりもできてしまう他にはない登山講習会になっています。

この記事を読んで自分も行けるようになりたい!とか、仲間がほしい!など少しでも気になった方は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

担当講師より丁寧に回答いたします。

登山の総合スキルを体系的に学びたい方必見!

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する5期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?


沢、岩、雪山などの山仲間を作りたい方

四季を問わず縦走・岩登り・沢登りを始め、読図にこだわった藪山や雪山縦走、あるいはトレイルラン・アイスクライミング・山スキーに至るまで様々な趣向をもった山の仲間と、登山の基本技術項目15単位を入会者ご自身のペースで、およそ3年以内をめどに受講いただける登山講習です。


電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。

キーワードで記事を検索