沢靴はフェルトソールとラバーソール、どっちが良い? – 山の相談小屋

アクティビティ:沢登り, カテゴリ:ウェアと装備
相談者:tatsuya (男性/30代)
道なき道を行く、沢登りに興味があり先日知人に丹沢に連れて行ってもらい完全にその魅力にハマってしまいました。その時は沢靴を借りたのですが、購入を検討しています。沢靴にはフェルトソールとラバーソールの2種類があると聞きましたが、どちらが良いのでしょうか。

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
好みやフィールドによっても異なりますが、初心者の方にはフェルトソールタイプを推奨しています。

フェルトソールタイプの沢靴は、沢床のヌメリに強く、また沢登りにおけるフィールドの刻一刻と変化する路面状況に対し、オールマイティーに使える点が魅力です。ラバーソールタイプの沢靴は岩に対してめっぽう強い一方で、ヌメリに対しては無抵抗な弱さがあります。この為使用には十分な沢での経験が入りますし、使用するフィールドも選びます。

消耗面ではラバーソールの方が圧倒的に有利です。入渓から下山までずっと履き続けるような使い方をする方や、夏のシーズンは沢を中心に活動される方などにはとても経済的です。また後半に涸れた滝の登攀が連続するような場合や急峻な草付きが現れるような場合、フェルトソールでは滑りやすくなります。

まさに一長一短なのですが、下山用、涸滝、草付き対策用にアプローチシューズを持つような場合は、フェルトソールの弱い部分を補えます。

重量面で余計な荷物が増える点はマイナス要素ですが、沢登り初心者にとっては賢い選択肢であると言えるのではないでしょうか?

まずはフェルトソールタイプの沢靴から始め、好みに合わせて買い替え時に再検討してみるのが良いかと思います。

解決相談者:tatsuyaさん
わかりやすい解説ありがとうございました。アプローチシューズは持っていくので、まずはフェルトソールから始めてみます。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

関連リンク

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。