登りでの事故、気をつけるべきこと – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:遭難・トラブル防止
相談者:山登太郎 (男性/30代)
事故は下りに多いとききましたが、登りでの事故はあまりないものなのでしょうか。あるとすると、どういった点に気をつけるべきでしょうか。

JMIA認定インストラクター
金澤 和則
ありますね。残念ながら。登りでは足元に視線がいきやすく、上方(前方)には時々しか目がいかないことが多いです。頭に木の枝や岩角などが、ぶつかるまで気が付かないことがありますね。また落石などに気付くのが遅れる場合もあります。

落石は必ずしも大きな音がするとは限りませんし、誘発には、人以外に動物や自然誘発もあります。
雪があるシーズンは、雪ブロックの崩壊や、雪崩の兆候に気が付くのが遅れることもあります。どうしても登りの方が、時間は掛かりますから、それだけリスクがあるエリアにいる時間が長いのは意識しないといけません。

いずれにしろ、コース状態を感じ、考えながら、上に下に注意しながら歩む事は登山において必要でしょう。

解決相談者:山登太郎さん
登りは息が切れて注意力が散漫になりがちですが、気をつけたいと思います。ありがとうございます。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。