夫婦での登山の是非 – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:全般的なこと
相談者:S.K (男性/30代)
最近、妻も山に連れていきその魅力にハマりつつあるようです。今後は一緒に登っていきたいと考えていますが、夫婦で登山する際に気をつけておくべきことなどあるでしょうか。ご教示いただけますと幸いです。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
金澤 和則
是非を問うものでないような。十人十色の回答じゃない?問題点?そんな大袈裟な。そう思われる方もいるでしょう。 
ここでは、リーダーシップ、メンバーシップとでもいうところで、考えてみたいと思います。

二人のみの場合。
家庭での役割がそのまま山中でも反映されてしまう。せっかく非日常の山に楽しみに来たのに。と、感じて余計なストレスになってしまうコトがあるかもしれません。

より身近であるだけに甘えにも似たところも出たり。山でのリーダーの役割が曖昧になってしまったり。何かリスク対処しなければならな時に、感情的な面が弊害となる場合が出るかもしれません。

他の人がメンバーに加わる場合。
夫婦での世界観は大切ですが、それがパーティーでより強く出てしまい、他の人が、入りにくいな。など、気を使ってしまうようなズレが生まれ、ストレスになる場合が考えられます。

総じて、楽しむことがメインなのか、それとも冒険的山でリスクも伴い体力や技術的なバランスも必要なのか。など、どんな山に向かうのか、互いにしっかり事前に認識していけば、それほど表題のようなことが表立つ事なく、登山にバランスよく入っていけるのではないでしょうか。

解決相談者:S.Kさん
うーむ、確かに山での役割分担と家庭での関係を混同しないようにしなければですね。ありがとうございます。

↓↓ あなたも気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう! ↓↓

インストラクターに相談する(無料)

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山を楽しむ人のための安心・安全登山メディア」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する3期目「JMIA登山講習会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

電子書籍:初級中級・登山の教科書を進呈

安全な登山のためには、総合登山力が必要になりますが、ネットや雑誌などで知る単発的、断片的な知識だけでは安全な登山のためには十分とはいえません。本書は、JMIA登山インストラクターの水上宏一郎・著、岩崎元郎・監修による、主に登山入門から5年目くらいまでの初級者・中級者に焦点を絞り、安全に登山を行う上で必須の知識を体系的にまとめたものです。

  • そういえば登山に関する知識ってきちんと学んだことない
  • 断片的に知ってはいるけど、全体的には知らないことが多い
  • 登山で怖い思いをしたが、どうすればよいかわからない

などに該当する方は必見の一冊となります


電子書籍(PDF)をダウンロード

SNSでもご購読できます。