家庭と山のバランス – 山の相談小屋

アクティビティ:一般登山, カテゴリ:その他
相談者:登山野郎 (男性/30代)
家庭と山のバランスに悩んでいます。休みの日はできれば山に入りたいのですが、妻は山はやらないのであまり山に行き過ぎても色々と関係性に問題が生じます。子どものこともあります。

なるべく妻と良好な関係性を保ちつつ山に行きまくれるようにするにはどうしたら良いと思いますか?

登山とは直接関係のない質問かもしれませんが、きっと多くの登山愛好家が抱える悩みかと思われますので、何か良いアドバイスがあればお願いします。

「いいね!」すると登山に関する情報を受け取れます↓

JMIA認定インストラクター
栗山 祐哉
Kuri Adventures 代表の栗山です。

私も同じく30代の子育て世代で、1才児がおります。
正直仕事以外でプライベートの山行はほとんど行えていない状態にあり、まわりの子育て世代登山者もまた、皆同様に悩みを抱えています。
やはり奥様にも山に興味をもってもらい、理解してもらうのが理想なのでは無いかと思います。

例えば子供を背負って小さな里山に家族でハイキングに行ってみるとか、登山ではありませんがボルダリングの外岩などにピクニックがてら楽しんでみるとか、家族で山に関わるいろいろな方法があると思います。
それは自分がやりたい山とは違うかも知れませんが、少しづつ家族と山との距離感を近づけてあげることが近道なのでは無いかと思います。

職業として山に入ると言う選択もありますが、自営で独立開業し事業を起こすというのは食っていける保証が何処にもありませんし(山に限らず、起業5年後に生き残っている事業者は20%程度で、その20%も次の5年で8割が廃業します。10年後に食ってけてる事業者は僅か4%しかいません。)、仮にそれで生計を立てられたとしても、自分の山が自由にやれる訳ではありません。
山には行きまくれますが、仕事は仕事。趣味の登山とはまったく異なるものとなります。

奥様をゆっくりとこちら側の世界に引き込む他、手はないかも知れません^^;
また山は逃げないという考えもあります。
今は家族を優先し、お子様がもう少し成長してから再び積極的に山に足を向けると言う選択肢もあるのではないでしょうか?
いずれにせよ、完全に山から足を遠のけず、細々とでも継続はした方が良いかとは思います。

まったく解決策を示せない回答でごめんなさい。
子供を持つ同世代の親として回答したくなっちゃいました^_^
いろいろ大変なこともあると思いますが、お互いにうまく立ち回って自分の時間を作っていきましょう!

解決相談者:登山野郎さん
同じ悩みに共感していただき嬉しいです。
これだ!という解決策はない問題だとは思っていましたが、考え方は大変参考になります。
なんとかこちら側の世界に引き込む手、考えてみます!
ありがとうございました。

あなたも知りたいことありませんか!?

インストラクターに聞いてみる(無料)

 

合わせて読みたい

家族が安心して山へ送り出してくれる登山者になるために

当サイト「GoALP – 山にいきたい、学びたい」の監修者でもあり、登山を教えることのできる者が集まった非営利集団で、山岳事故を減らすための啓発活動をしている日本登山インストラクターズ協会(2013年創立・岩崎元郎代表)が、来春より開催する2期目「安心登山勉強会」の受講者を募集しています。あなたも、一年かけて実際に山に登りながら山岳指導者の手ほどきをうけてみませんか?

SNSでもご購読できます。