ぜったい覚えておきたいロープワーク7種講習(Kuri Adventures)

ロープワーク

出典:Kuri Adventures

山岳遭難死亡事故の要因第一位が滑落によるものです。
滑落と聞くと、森林限界を超えた雪山登山や岩稜登山など、難しい登山を行う人に起こると思われている方も多いようです。
しかし実際には、奥多摩や丹沢の様な比較的標高の低い、森林限界以下でのハイキングでも滑落事故は起きています。
滑落事故のほとんど全ては、ロープによる安全確保で防ぐことができます。

特に樹林帯や岩稜帯など、中間支点を設置しやすい場所では、ほぼ確実な安全確保が行なえます。
その為には、確実なロープワークとビレイ技術が要求されます。
ロープは”装備に加えれば安全”な装備ではなく、しっかりとした技術を身につけた上で運用することで安全を確保できる道具です。

Kuri Adventures の”ぜったい覚えておきたいロープワーク7種”講習では、登山の安全確保において最低限必要な7種類のロープの結び方を学習します。

・エイトノット
・ダブルフィッシャーマンズノット
・ムンターヒッチ
・クローブヒッチ
・オーバーハンドノット
・プルージック
・クレイムハイスト

まずはそれぞれの結びをしっかりと身につけるところから、ロープによる安全確保技術は始まります。

もちろんロープの結び方を覚えただけでは、ロープを自在に扱いこなせるようになる訳ではありません。
ロープの結び方を覚え、活用し、安全確保技術を身につけて初めて、山の中でのロープの運用が行えるようになります。
ここで学ぶことは始まりに過ぎませんが、しかしこの土台をしっかりと固めておくことがとても大切です。

ロープを正しく運用すれば、多くの滑落事故を防ぐことができます。
是非しっかりとロープワークを見に付け、安全登山にお役立て下さい!
皆様のご参加を心よりお待ちしております。


プログラム概要

  • インストラクター
  • 日程
    • 2017年4月20日(木)
  • 費用
    • 事前予約(2017年3月19日まで):500円(税別)
    • 通常料金(2017年3月20日から):1,500円(税別)
  • 集合場所
    • 東京都新宿区西新宿7-4-7 イマス浜田ビル5F 知恵の場Office

詳細・申込み

SNSでもご購読できます。