日本独自の登山形態、沢登りをしよう。

シャワークライミング 北丹沢/伊勢沢 (マウントファーム登山学校)

伊勢沢 シャワークライミング

出典:マウントファーム登山学校

何といっても中流部に出てくる50m伊勢沢大滝は一見に値します。そこに至る前にも、その後も滝が点在し、詰めまで水が涸れることもなく、丹沢の中でも三指に入る楽しい沢です。下山も2時間少々かかるロングコースなので朝は早めにスタートします。

続きを読む

名も無きピークを目指せ!”モロクボ沢” (Kuri Adventures)

モロクボ沢 シャワークライミング

出典:Kuri Adventures

西丹沢に流れる美渓、モロクボ沢。白い岩と美しい水、緑の苔に、何と言っても見応え抜群の大滝!
30mもの高さから流れ落ちる大水量の豪瀑は迫力満点。しかも、その滝のすぐ側まで足を踏み入れることができるので、その圧倒的なパワーを直に感じることができます。

続きを読む

登攀的沢登り入門 “軍刀利沢” (Kuri Adventures)

軍刀利沢シャワークライミング

出典:Kuri Adventures

南秋川に水を注ぐ軍刀利沢は、水が岩を削りとったゴルジュ地形が特徴の沢。緑の森に流れる、小滝が連続するちょっぴり刺激的なルートです。
沢登り初心者から楽しめる比較的カンタンな沢でありながら、岩好きな方も納得のルート。
これぞ沢登りと思わせる茗渓の一本だと思います。

続きを読む

シャワークライミング 東丹沢/鳥屋待沢 (マウントファーム登山学校)

鳥屋待沢シャワークライミング

出典:マウントファーム登山学校

とやまち沢は初級の範疇ですが、源次郎沢や勘七ノ沢など1級上の沢を遡行した後に次のステップとして遡るのによいでしょう。中流部から詰めには登るにせよ巻くにせよ、それなりの滝があり、それらを越えて三峰山に詰め上げれば小さな達成感が得られることと思います。この水系を遡るには春か秋がよいです。

続きを読む

西丹沢の美渓 “マスキ嵐沢” (Kuri Adventures)

マスキ嵐沢 シャワークライミング

出典:Kuri Adventures

マスキ嵐沢は、丹沢湖北部に位置する西丹沢を代表する渓の一つです。
白く輝く美しい岩と澄んだ水で、とても明るい印象。広葉樹林の森の中を進むので、新緑がとても綺麗。水量は少なめなので、あまり濡れません。春の沢登りにぴったりのルートで、最高に素晴らしい沢登りを堪能できます!
特に難しい箇所は無く、沢登り初心者がはじめて足を運ぶ渓としてもおすすめです。

続きを読む

冒険的なツメを楽しむ “シダクラ沢” (Kuri Adventures)

沢登り シダクラ沢

出典:Kuri Adventures

奥多摩湖のすぐ下流、多摩川最上流部に流れ込む沢の流れ。その一つにシダクラ沢があります。
深い森と発達した苔による、緑豊かな渓相はまるでジブリの世界♪
ここが東京都内であることを忘れてしまうほどに深い自然の奥地へと足を踏み入れます。

続きを読む

沢登りの入門 “シンナソー” (Kuri Adventures)

沢登り

出典:Kuri Adventures

北秋川渓谷の上流部に流れ落ちる小さな支流の1つに、シンナソーと言う少し変わった沢があります。実はこのシンナソー、沢登りの入門ルートとしてけっこう有名なルートでもあります!
はじめての沢登りやその年の沢はじめにぴったりな、易しく、且つ緑豊かな自然を楽しむことができる事で人気を呼びます。

続きを読む

シャワークライミング講習 – 表丹沢の名門ルート”源次郎沢”(Kuri Adventures)

出典:Kuri Adventures

無雪期の間は沢登りを愉しみたいもの。でも春先や秋の時期の沢登りはちょっぴり寒い…。
そんな時期にぴったりなルートが、表丹沢の銀次郎沢。あまり水濡れしないので、少し肌寒い時期でも沢登りを楽しめます。
実はこのルート、夏はヤマビルで悩まされます。春や秋だから快適に登れる、そんなルートでもあります。

続きを読む

シャワークライミング講習 – 西丹沢/マスキ嵐沢(マウントファーム登山学校)

出典:マウントファーム登山学校

沢登り初心者の定番的存在になった沢で、ナメ、滝登り、藪漕ぎなしの詰めととてもコンパクトです。夏にはある程度のレベルの沢を目標にしている人は、是非春から継続的に始めてください。下降尾根は読図となるので、沢+地図読みのセット講習となります。

続きを読む