地図読み講習 西丹沢/弥七沢ノ頭 丹沢バリエーション初級(マウントファーム登山学校)

出典:マウントファーム登山学校

2014年遭難事故の態様を見ると、41.8%が「道迷い」で相変わらず首位を走り続けています。しかし注視するのは第2位「滑落」17.0%、第3位「転倒」14.5%、第6位「転落」2.7%。これらはその前段階として「道迷い」を起こして、その後「滑落」「転倒」「転落」・・・につながっているケースが相当数あると思われます。

仮に半分とすれば実に遭難事故の58.8%が「道迷い」に絡んでいることになります。地形を意識し、地形図を読める技術があれば、もしかしたら年間1,595件程度の遭難事故が未然に防げたかもしれません。

このような遭難未然防止のみならず、地形図を読めて、その対応策が講じられるようになれば、ガイド本に記載されたルートばかりを追いかけてしまう「線」としての登山から脱却し、その山域全体を捉えられる「面」としての登山が実践できるようになります。そして山を縦横無尽に駆ける原登山とも言うべき自由な発想と翼を手に入れられます。それが心理的にも余裕を持ち、強いては「安心登山」に繋がるのではないでしょうか。

本や机上講習、GPS、アプリではわからないコツを地形図の作り方を含め指導いたします。

本講習は、登山道ではない尾根の登下降を地形図を用いていかに読み解くか、そのコツを学習していきます。ゲーム感覚かつ冒険チックな登山講習です。

ハイカー、一般登山者対象。もちろん沢登りやVルート志向者も。細かい地図読みには限界のあるGPSは使わず、地形図の読み方とコンパスの使い方を学習します。


イベント詳細

インストラクター

マウントファーム登山学校 後藤真一

日程

2017年4月1日(土)

エリア

西丹沢/弥七沢ノ頭(丹沢バリエーション初級)

集合

集合8:00小田急線新松田駅南口ロータリー

講習費

  • 9,000円/一人
  • ※2人でお申込みの場合16,200円/二人(一人あたり8,100円)、3人でお申込みの場合21,600円/三人(一人あたり7,200円)
  • ★それ以上の団体の場合はご相談下さい
  • ※2回目以降の読図講習参加者は各10%引き

定員

5名

装備

  • シルバコンパス(またはSUNTO社のコンパス)をご用意ください。
  • コンパスは20~30cm程度の紐をつけてください。
  • ほか筆記具、一般日帰り登山基本装備、雨着、行動食、飲料など。
  • 悪天予報の場合でも、多少の降雨ならば決行します

読図講習内容

  1. 道迷い遭難の防止 (すべては事前計画にある)
  2. 合理的な登山とは (地図読みのタイミングとメンバーシップ)
  3. ピンチに対応する装備の使い方(※必要に応じて実施)
  4. 地形図の作り方と読み方(尾根の下降は沢線で見極める)
  5. コンパスの使い方(尾根の分派点でどちらに下りればよいのか?など)

問い合わせ・申込み


その他の実施コース

オファーがあれば調整のうえ実施いたします。ご希望の日程およびルートを複数あげご相談ください。

講習スケジュール表に他の講習が入っていても、まだその講習の申込がない場合は対応できるかもしれませんのでご相談ください。

ご希望あれば希望日程とコースを早めにご相談ください

  1. 表丹沢/大山北尾根(初級者向け)
  2. 表丹沢/ヨモギ平~ヤゲン沢・境沢界尾根(初級者向け)
  3. 東丹沢/鐘撞山~弁天御髪尾根(初級者向け)
  4. 東丹沢/宝尾根~鳥屋待沢右岸尾根(初・中級者向け)
  5. 裏丹沢/源蔵尾根~蛭ケ岳~地蔵尾根(中・上級者向け)
  6. 裏丹沢/早戸大滝新道~蛭ケ岳~白馬尾根(中級者向け)
  7. 西丹沢/板小屋沢左岸尾根~弥七沢ノ頭(中級者向け)
  8. 西丹沢/弥七沢左岸尾根~弥七沢右岸尾根(中・上級者向け)
  9. 東海自然歩道~畦ケ丸東尾根(中級者向け) ほか

一般登山者およびこれからバリエーションルートを歩きたい方向き。登山の事前準備として地形図の作り方、危険箇所の読み取り方を学習し、現場における正しいルート選択の仕方などを理解してもらいます。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.